「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」どっちがいいの?

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」どっちがいいの?

格安の葬儀プランを提供してる「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」

どちらを利用するか迷ってる方のために、それぞれの違いについて調べました。

口コミの評判や料金プランの比較など、気になる項目だけでも確認してみてください。

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」サービス内容の違いは?

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」のサービス内容に違いはありません。

どちらも「葬儀に必要最低限なものを格安セットプランにした葬儀サービスを提供している葬儀の仲介会社」で、利用する方法など全く一緒です。

サービス内容を簡単に説明すると、2社は全国にある葬儀社と提携しており、葬儀の依頼が入ったら提携している葬儀社に依頼して葬儀をする仕組みとなっています。

対応地域は「小さなお葬式」は全国に対応、「イオンのお葬式」は岩手・石川・島根以外の地域に対応しています。

小さなお葬式 イオンのお葬式
提携してる葬儀社の数 900社 620社
利用できる葬儀場の数 4000以上 約4000

「小さなお葬式」の方が利用できる葬儀社や葬儀場が多いです。

そのため、小さなお葬式の方が「近場の葬儀場が見つかりやすい」といったメリットがあります。

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」を利用する方法
  1. WEBから資料を請求しておく
  2. 葬儀プランと利用したい葬儀社を選んでおく
  3. 亡くなったら「葬儀仲介会社」へ連絡
  4. 利用したい葬儀社を伝える
  5. 葬儀社が故人を迎えに来る
  6. 葬儀社とプランの打ち合わせ

資料請求しないと利用できる葬儀社がわからないので、事前に資料請求は済ましておきましょう。

⇒小さなお葬式の資料請求はこちら

⇒イオンのお葬式の資料請求はこちら

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の実績や評判

2社がサービスを開始した時期、今までの実績、ネットの評判を比較しました。

小さなお葬式 イオンのお葬式
サービス開始日 2009年 2009年
葬儀実績件数(2016年度) 3万5000件以上 非公開
葬儀実績累計 15万件以上 非公開
みん評の口コミ 3.31点(33件) 3.34点(5件)
葬儀の口コミ 4.02点(139件) 4.18点(70件)

「小さなお葬式」の葬儀実績は累計15万件を突破し、2017年における葬儀受注件数は全国1位となっています。

「イオンのお葬式」の葬儀実績を非公開なので分かりませんでした。

ネットで調べた口コミは「イオンのお葬式」「小さなお葬式」ともに満足度が高く、どちらを選んでも問題ありません。

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」のプランを比較!

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」のプランを比較したところ、「小さなお葬式」の方が安く利用できるのが分かりました。

プランごとに細かい比較や注意したい点を書きましたので、気になるプランだけ目を通してみてください。

比較したプラン

クリックで見たいプランまでジャンプします↓

火葬式(直葬)プランを比較

小さなお葬式では火葬式(直葬)プランが2つあります。それぞれの違いはこちら↓

「小さなお別れ葬プラン」・・・僧侶が手配できない直葬で、安置方法が「預かり安置」のみ

「小さな火葬式プラン」・・・僧侶が手配できる直葬で、安置方法は「預かり安置」と「自宅安置」が選べる

「小さな火葬式プラン」と「イオンの火葬式プラン」の内容がほぼ同じとなっています↓

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さなお別れ葬 小さな火葬式 火葬式
費用 14万5000円 19万3000円 19万9800円
資料請求で割引 -5000円 -5000円 -5400円
寝台車の移動 50km×2回 50km×2回 50km×2回
ご安置 3日分 3日分 4日分
ドライアイス 3日分 3日分 4日分
預かり安置
自宅安置
お棺
仏衣一式
役所などの手続き
運営スタッフ
お別れ用花束
火葬料金
骨壺
遺影
枕飾り一式
自宅飾り一式
式場料金
白木位牌/仏具
線香/蝋燭
焼香用具
受付セット
司会スタッフ
案内看板
会葬礼状
送迎用バス
生花祭壇
供花(一対)

2社の火葬式(直葬)プランを比較すると、下記3つの点に違いがありました↓

2社の火葬式プランの違い
  • 小さなお葬式だと「安置日数が3日分」だが、イオンのお葬式は「安置日数が4日分」と1日多い
  • 小さなお葬式だと「火葬料金も含まれている」がイオンのお葬式は「火葬料金は別途必要」
  • 小さなお葬式だと「遺影が付いていない」がイオンのお葬式は「遺影が付いている」

「イオンのお葬式」だと安置日数が1日分多いので追加費用は掛かりずらいですが、火葬料金が別途必要なので「小さなお葬式」の方が安く利用できるでしょう。

※規定の安置日数をオーバーした場合、2社とも1日につき1万円の追加料金が掛かります。

■割引制度の紹介

2社とも早めに申し込んでおくほど費用がお得になる早割(そなえ割)という制度があります。

また、「小さなお葬式」には事前予約という割引制度もあり、費用がさらに安くなるのでその詳細も載せておきます。

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さなお別れ葬 小さな火葬式 火葬式
定価 14万5000円 19万3000円 19万9800円
↓早割(そなえ割)に申し込んだ場合↓
20日後 19万0750円
30日後 17万8000円
1年後 17万3000円 18万5300円
2年後 16万8000円 17万9850円
↓事前予約した場合↓
予約割引 16万8000円

早割(そなえ割)とは、早めに申し込んでおくほど費用がお得になる割引制度のことです。「小さなお葬式」は無料で申し込めますが、「イオンのお葬式」は500円が必要になります。

※早割(そなえ割)を申し込んでも葬儀をする・しないは自由ですのでご安心ください。

事前予約とは、先に葬儀のお金を払っておくことで葬儀費用がお得になる制度のことです。申し込んだ後に解約もできますが、解約手数料が掛かります。

料金プランや割引内容については公式サイトで詳しく確認できます。

⇒小さなお葬式の公式サイトはこちら

⇒イオンのお葬式の公式サイトはこちら

1日葬プランを比較

お通夜を省き、告別式だけ行う「1日葬プラン」を比較します。

「イオンのお葬式」には2つの1日葬プランがあるのですが、違いは告別式の開始時刻がことなるだけで料金などは同じです↓

イオンのお葬式「一日葬プラン」・・・午前中に告別式を行うプラン

イオンのお葬式「夕刻一日葬プラン」・・・夕方に告別式を行うプラン

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さな一日葬 一日葬
(夕刻一日葬)
費用 34万3000円 35万1000円
資料請求で割引 -5000円 -5000円
寝台車の移動 50km×2回 50km×2回
ご安置 3日分 4日分
ドライアイス 3日分 4日分
お棺
仏衣一式
役所などの手続き
運営スタッフ
お別れ用花束
火葬料金
骨壺
遺影
枕飾り一式
自宅飾り一式
式場料金 上限5万円 上限2.5万円
白木位牌/仏具
線香/蝋燭
焼香用具
受付セット
司会スタッフ
案内看板
会葬礼状 30枚 50枚
送迎用バス
生花祭壇
供花(一対)
祭壇用供物

2社の「1日葬プラン」で大きく違うのが下記の3点です。

2社の一日葬プランの違い
  • 小さなお葬式だと「安置日数が3日分」だが、イオンのお葬式は「安置日数が4日分」と1日多い
  • 小さなお葬式だと「火葬料金も含まれている」がイオンのお葬式は「火葬料金は別途必要」
  • 小さなお葬式だと「式場利用料の上限が5万円」だがイオンのお葬式は「上限が2.5万円」と少ない

※「小さなお葬式」だと95%の式場が無料で利用できます。
※規定の安置日数をオーバーした場合、2社とも1日につき1万円の追加料金が掛かります。

火葬日までの日数が長くなると追加料金が掛かりやすい「小さなお葬式」ですが、「イオンのお葬式」は火葬料が掛かるうえ式場利用料の上限も低いので、追加費用が掛かりやすくなっています。

そのため、「小さなお葬式」の方が安く一日葬が行えるでしょう。

■割引制度の紹介

2社とも早めに申し込んでおくほど費用がお得になる早割(そなえ割)という制度があります。

また、「小さなお葬式」には事前予約という割引制度もあり、費用がさらに安くなるのでその詳細も載せておきます。

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さな一日葬 一日葬
(夕刻一日葬)
定価 34万3000円 35万1000円
↓早割(事前割)に申し込んだ場合↓
20日後 34万3350円
30日後 32万8000円
1年後 31万8000円 33万2450円
2年後 30万3000円 32万1550円
↓事前予約した場合↓
予約割引 30万3000円

早割(そなえ割)とは、早めに申し込んでおくほど費用がお得になる割引制度のことです。「小さなお葬式」は無料で申し込めますが、「イオンのお葬式」は500円が必要になります。

※早割(そなえ割)を申し込んでも葬儀をする・しないは自由ですのでご安心ください。

事前予約とは、先に葬儀のお金を払っておくことで葬儀費用がお得になる制度のことです。申し込んだ後に解約もできますが、解約手数料が掛かります。

料金プランや割引内容については公式サイトで詳しく確認できます。

⇒小さなお葬式の公式サイトはこちら

⇒イオンのお葬式の公式サイトはこちら

家族葬プランを比較

親しい人達だけで2日間のお葬式を行う「家族葬プラン」を比較します。

イオンのお葬式では「家族葬プラン」と「身内葬プラン」の2つが用意されており、参列者の数を細かく分けてプランを提供しています。

イオンのお葬式「家族葬プラン」・・・参列者は30名程度まで

イオンのお葬式「身内葬プラン」・・・参列者は30名~60名程度まで

「小さな家族葬プラン」と「イオンの家族葬プラン」の内容がほぼ同じです↓

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さな家族葬 家族葬 身内葬
費用 49万3000円 49万6800円 59万9400円
資料請求で割引 -5000円 -5000円 -5000円
寝台車の移動 50km×2回 50km×2回 50km×2回
ご安置 4日分 5日分 5日分
ドライアイス 4日分 5日分 5日分
お棺
仏衣一式
役所などの手続き
運営スタッフ
お別れ用花束
火葬料金
骨壺 〇(柄入り)
遺影
枕飾り一式
自宅飾り一式
式場料金 上限10万円 上限5万円 上限5万円
白木位牌/仏具
線香/蝋燭
焼香用具
受付セット
司会スタッフ
案内看板
会葬礼状 60枚 50枚 80枚
送迎用バス 1台
生花祭壇
供花(一対)
祭壇用供物

2社の「家族葬プラン」で大きく違うのが下記の3点です。

2社の家族葬プランの違い
  • 小さなお葬式だと「安置日数が4日分」だが、イオンのお葬式は「安置日数が5日分」と1日多い
  • 小さなお葬式だと「火葬料金も含まれている」がイオンのお葬式は「火葬料金は別途必要」
  • 小さなお葬式だと「式場利用料の上限が10万円」だがイオンのお葬式は「上限が5万円」と少ない

※「小さなお葬式」だと95%の式場が無料で利用できます。
※規定の安置日数をオーバーした場合、2社とも1日につき1万円の追加料金が掛かります。

イオンのお葬式の「身内葬プラン」には送迎用バスが1台付いています。

送迎用バスとは葬儀場と火葬場が離れている場合に使うのですが、人数が少なければタクシーや自家用車を使った方が安いです。送迎用バスの手配は1台4万円くらい掛かります。

火葬日までの日数が長くなると追加料金が掛かりやすい「小さなお葬式」ですが、「イオンのお葬式」は火葬料が掛かるうえ式場利用料の上限も低いので、追加費用が掛かりやすくなっています。

そのため、「小さなお葬式」の方が安く家族葬が行えるでしょう。

■割引制度の紹介

2社とも早めに申し込んでおくほど費用がお得になる早割(そなえ割)という制度があります。

また、「小さなお葬式」には事前予約という割引制度もあり、費用がグッと安くなるのでその詳細も載せておきます。

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さな家族葬 家族葬 身内葬
定価 49万3000円 49万6800円 59万9400円
↓早割(事前割)に申し込んだ場合↓
20日後 49万0500円 59万4050円
30日後 47万8000円
1年後 46万3000円 47万4150円 57万2250円
2年後 44万3000円 45万7800円 55万0450円
↓事前予約した場合↓
予約割引 44万3000円

早割(そなえ割)とは、早めに申し込んでおくほど費用がお得になる割引制度のことです。「小さなお葬式」は無料で申し込めますが、「イオンのお葬式」は500円が必要になります。

※早割(そなえ割)を申し込んでも葬儀をする・しないは自由ですのでご安心ください。

事前予約とは、先に葬儀のお金を払っておくことで葬儀費用がお得になる制度のことです。申し込んだ後に解約もできますが、解約手数料が掛かります。

料金プランや割引内容については公式サイトで詳しく確認できます。

⇒小さなお葬式の公式サイトはこちら

⇒イオンのお葬式の公式サイトはこちら

一般葬プランを比較

100名規模のお葬式まで対応してる「一般葬プラン」を比較します。

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さな一般葬 一般葬
費用 64万3000円 70万7400円
資料請求で割引 -5000円 -5000円
寝台車の移動 50km×2回 50km×2回
ご安置 4日分 5日分
ドライアイス 4日分 5日分
お棺
仏衣一式
役所などの手続き
運営スタッフ
お別れ用花束
火葬料金
骨壺 〇(柄入り)
遺影
枕飾り一式
自宅飾り一式
式場料金 上限10万円 上限5万円
白木位牌/仏具
線香/蝋燭
焼香用具
受付セット
司会スタッフ
案内看板
会葬礼状 200枚 120枚
送迎用バス 1台 1台
生花祭壇
供花(一対)
遺品装飾
祭壇用供物

2社の「一般葬プラン」で大きく違うのが下記の3点です。

2社の家族葬プランの違い
  • 小さなお葬式だと「安置日数が4日分」だが、イオンのお葬式は「安置日数が5日分」と1日多い
  • 小さなお葬式だと「火葬料金も含まれている」がイオンのお葬式は「火葬料金は別途必要」
  • 小さなお葬式だと「式場利用料の上限が10万円」だがイオンのお葬式は「上限が5万円」と少ない

※「小さなお葬式」だと95%の式場が無料で利用できます。
※規定の安置日数をオーバーした場合、2社とも1日につき1万円の追加料金が掛かります。

火葬日までの日数が長くなると追加料金が掛かりやすい「小さなお葬式」ですが、「イオンのお葬式」は火葬料が掛かるうえ式場利用料の上限も低いので、追加費用が掛かりやすくなっています。

そのため、「小さなお葬式」の方が安く一般葬が行えるでしょう。

■割引制度の紹介

2社とも早めに申し込んでおくほど費用がお得になる早割(そなえ割)という制度があります。

また、「小さなお葬式」には事前予約という割引制度もあり、費用がグッと安くなるのでその詳細も載せておきます。

小さなお葬式 イオンのお葬式
プラン名 小さな一般葬 一般葬
定価 64万3000円 70万7400円
↓早割(事前割)に申し込んだ場合↓
20日後 69万2150円
30日後 61万3000円
60日後 59万3000円
1年後 67万0350円
2年後 64万8550円
↓事前予約した場合↓
予約割引 59万3000円

早割(そなえ割)とは、早めに申し込んでおくほど費用がお得になる割引制度のことです。「小さなお葬式」は無料で申し込めますが、「イオンのお葬式」は500円が必要になります。

※早割(そなえ割)を申し込んでも葬儀をする・しないは自由ですのでご安心ください。

事前予約とは、先に葬儀のお金を払っておくことで葬儀費用がお得になる制度のことです。申し込んだ後に解約もできますが、解約手数料が掛かります。

料金プランや割引内容については公式サイトで詳しく確認できます。

⇒小さなお葬式の公式サイトはこちら

⇒イオンのお葬式の公式サイトはこちら

「小さなお葬式」の方が安いが「イオンのお葬式」の方がプランの内容がやや充実してる

各プランを比較しましたが、料金は「小さなお葬式」の方が安いです。

「イオンのお葬式」は料金が高い分プラン内容を充実させていますが、火葬料金や式場利用料の追加費用も掛かりやすいので、「小さなお葬式」を利用した方が費用は抑えられます。

「イオンのお葬式」のプラン内容が充実している点をまとめましたので、比較する際の参考にしてください。

「イオンのお葬式」のプラン内容が充実している点

オリジナルの会葬礼状が作れる
「イオンのお葬式」では、専用ライターが喪主の方にインタビューをしてオリジナルの会葬礼状を作ってくれます。「小さなお葬式」は利用する葬儀社の会葬礼状を使う形となります。

祭壇用供物がある
「イオンのお葬式」では火葬式以外のプランだと祭壇用供物が用意されています。「小さなお葬式」はありません。

プランによっては骨壺に柄が入る
イオンのお葬式の「身内葬」と「一般葬」の骨壺には柄が入ります。他のプランは無地です。「小さなお葬式」は全て無地の骨壺になります。

祭壇の花の色や種類が選べる
「イオンのお葬式」では、祭壇の花の色をピンクかホワイトの2色から選ぶことができます。また、祭壇の種類も花祭壇と白木祭壇が選べます。

安置日数が多い
「小さなお葬式」より「イオンのお葬式」の方が、安置日数が1日分多くなっています。2社とも規定の安置日数をオーバーすると1日1万円の追加料金が掛かります。

プラン内容は「イオンのお葬式」の方が若干良いですが、特にこだわる必要もないなら「小さなお葬式」の方が安いのでおすすめです。

※プランによっては「小さなお葬式」の方が10万円以上安くなる場合があります。

プランの内容は公式サイトで詳しく確認できます。

⇒小さなお葬式の公式サイトはこちら

⇒イオンのお葬式の公式サイトはこちら

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」追加料金が掛かりやすいのはどっち?

格安セットプランを提供してる2社ですが、参列者が多いほどオプション(追加料金)が必要になってきます。

結論から言いますと「イオンのお葬式」の方が追加料金が掛かりやすいです。

「イオンのお葬式」だと火葬料金は全額支払わなければいけないですし、式場利用料の上限も少ないので追加料金は掛かりやすくなります。

他にも掛かりやすい追加料金の詳細をざっと説明しますので、葬儀を行う前の予備知識として見ておいてください。

僧侶のお布施

僧侶を「小さなお葬式」や「イオンのお葬式」から手配する場合は、下記のお布施が掛かります↓

小さなお葬式 イオンのお葬式
火葬式プラン 5万5000円 4万5000円
1日葬プラン 8万5000円 7万5000円
家族葬プラン 16万円 15万円
一般葬プラン 16万円 15万円

「イオンのお葬式」の方がお布施は1万円安いです。

ご自身で手配する場合は、お寺の方にお布施金額を確認して下さい。

火葬料金について

「イオンのお葬式」だと火葬料金は全て追加料金として掛かります。

「小さなお葬式」だとプラン内に火葬料金が含まれているのですが、住んでる地域によっては別途火葬料金が必要です。

※主に民間の火葬場が利用できない場合に火葬料金が必要になります。

「小さなお葬式」から資料請求すると火葬料金が含まれた見積もりが届くので、そこで料金を確認してください。

式場利用料について

2社とも利用する式場がプラン規定の式場料金をオーバーした場合、差額が追加費用として掛かります。

小さなお葬式 イオンのお葬式
1日葬プラン 上限5万円 上限2.5万円
家族葬プラン 上限10万円 上限5万円
一般葬プラン 上限10万円 上限5万円

資料請求すると利用できる式場のリストが届くので、それを見れば追加費用が掛かるのか分かります。

飲食費

「通夜振る舞い」や「精進落とし」が必要な場合は別途オプションになります。

料金は葬儀社によって異なりますが、「通夜振る舞い・精進落とし」共に、1名4000円前後が相場です。

また、配膳するスタッフも必要になるため人件費も掛かります。(1名につき1万円くらいが相場で、2人~3人くらい必要になるでしょう。)

会葬返礼品

2社とも参列者にお渡しするお礼の品はオプションになります。葬儀社では1個500円くらいから用意している所が多いです。

マイクロバス

式場から火葬場までの距離が遠い場合、移動手段にマイクロバスが必要だと追加料金が掛かります。

小さなお葬式の「一般葬プラン」、イオンのお葬式の「身内葬プラン」と「一般葬プラン」には1台だけマイクロバスが付いていますが、その他のプランだと別途費用が掛かります。

※マイクロバスを追加する場合の費用は4万円前後が相場です。

対応してる宗教形式は「小さなお葬式」も「イオンのお葬式」も同じ

  • 浄土真宗
  • 浄土宗
  • 日蓮宗
  • 天台宗
  • 禅宗
  • 真言宗
  • 神道の葬儀
  • 創価学会の友人葬
  • キリスト教の葬儀

2社とも上記の宗教形式に対応しています。

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の支払い方法の違い

小さなお葬式 イオンのお葬式
現金払い
クレジットカード 制限あり
ローン(分割)

「イオンのお葬式」だと、クレジットカード払いは基本的にイオンカードのみとなります。

※利用する葬儀社がクレジットカード払いに対応していれば、他のカードも利用可能です。

「小さなお葬式」だとクレジットカードの制限はなく、ほとんどのカードが使えます。

葬儀後のサービスが充実してるのはどっち?

葬儀後のサービスは「小さなお葬式」「イオンのお葬式」共に充実しています。

ここでは、サービスしてる内容を簡単に紹介いたします。詳しくは資料請求したパンフレットに書かれているので、そちらで確認してください。

⇒小さなお葬式の資料請求はこちら

⇒イオンのお葬式の資料請求はこちら

小さなお葬式 イオンのお葬式
四十九日法要のお坊さん手配 4万2000円~ 4万5000円~
永代供養 5万5000円~ 3万5000円~
海洋散骨 5万5000円~ 5万4000円~
墓じまいのサービス あり あり
位牌や仏壇の販売 あり
手元供養品の販売
相続手続きの相談
香典返しの販売
遺品整理の依頼
墓石の購入サービス

※料金については葬儀を依頼した場合の最安値を載せています。また、料金は変更されている場合もあるのでご了承ください。

資料請求して分かった「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の違い

実際に2社から資料請求をして比較してみました。

「小さなお葬式」の方が近場の葬儀場が多い

「小さなお葬式」からは10社、「イオンのお葬式」からは2社の葬儀場リストが届きました。

「小さなお葬式」は近場の葬儀場が多くて選びやすかったですが、「イオンのお葬式」は近場の葬儀場が少なく選びにくかったです。

まとめ

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の違いを簡単にまとめると下記3つになります↓

「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の3つの違い

(1)セットプランの料金は「小さなのお葬式」の方が安く、追加料金も掛かりずらい。

(2)提携してる葬儀社は「小さなお葬式」の方が多いので近場の葬儀場が探しやすい。

(3)「イオンのお葬式」だと、オリジナル会葬礼状や祭壇の花を選べたりとプラン内容が若干良い。

「イオンのお葬式」の方が若干プラン内容が良いですがその分費用が高いです。また追加料金も掛かりやすくなっています。

「小さなお葬式」は追加料金が掛かりにくく、不当な請求に対する返金保証があるので、同意してないのに追加料金が掛かってしまうという心配もありません。

サービス開始の年月や実績も「小さなお葬式」の方が上ですし料金も安いので、現時点では「小さなお葬式」を利用するメリットの方が高いです。

資料の送付方法をメールにすると数分で届くので、すぐに確認することができます。
(郵送だと1日~3日で到着)

イオンのお葬式の資料請求はこちら(無料)

※「小さなお葬式」から資料請求しても営業電話は一切ありませんが、「イオンのお葬式」からは資料が届いたか確認の電話が掛かってきます。